借金が戻ってくるという過払い金返還請求の仕組みとは

過払い金返還請求とは?


過払い金返還請求とは、その名前の通り、「払いすぎたお金を返してください」という手続きのことです。これも債務整理の方法の中の一つです。

では、過払い金とはどんなものなのでしょうか。
2008年以前まで、利息制限法という法律ではお金を貸す際の金利の上限を年利15〜20%までとされていました。
一方出資法という法律では、お金を貸す際の金利の上限を29.2%までとしていました。
この様にお金を貸す際の金利の上限を決める法律が二つありそれぞれの金利の上限が異なっていたのですが、より多くの利益を出したい貸金業者は当然上限が高い方を選びますよね。
そういった理由から、多くの貸金業者が20%〜29.2%の間の金利でお金を貸していました。

↑ PAGE TOP